【水産業界のITプラットフォーム構築  第ニ弾】

水産品の供給情報と飲食店の需要情報をマッチングするシステムをリリースしました。

 

IMG_2228mini

 

【機能詳細】

・毎日変動する産地や築地の水産物の複雑な相場や荷姿を自動収集してお客様に分かりやすい形式に変換する機械学習の仕組みを構築、導入しました。日々の水揚げ情報を自動的に学習してデータベース化しています。

・500店舗を超えるお客様毎に異なる好みの要素も洗い出してデータベース化しています。上記で学習した産地や築地の情報とマッチングすることで、産地の水揚げを元にして、お客様に適した水産品をどこよりも早く提案することが出来る、鮮魚業界では初となるレコメンドエンジンを搭載しています。

・初めての取引となるお客様でも、蓄積されている飲食店の属性データを用いる事で、最小限のデータで最適な品物を提供することが可能になりました。もちろん、フィードバックを頂くことでそのお客様に更に最適化された提案を行う事が可能です。

・オープンWebの技術で構築しているので、普段利用している操作に慣れたお手持ちのPCやiPhone、Android、タブレット、携帯電話等のお好きなデバイスでいつでもどこからでも注文が可能です。お客様へのヒヤリングも随時行いUXを向上させています。

・社内で用いる受発注管理システムも、オープンソース技術を用いてフルスクラッチで開発しています。完全内製のため仕入から受注までシームレスに連携しており、少人数で効率的な業務を行う事が出来ています。取引させて頂いている仕入れ先や飲食店の方々により高い価値を提供出来るよう常に改善を進めています。

水産業界で不可能と思われていた、産地から消費地までのIT化は進んでいます。しかしその過程で新たな問題と解決するべき施策も出て来ています。
今後は産地のパートナーと共同で、漁船や漁師さんまで含めた根本的なIT化と、産地と消費地を繋ぐレコメンドエンジンの更なる強化を目指していきます。

お問い合わせはこちらまで

read more read more read more