人事ブログ
2017-11-17

魚さばき教室実体験レポート~初心者編~

みなさん、こんにちは!

人事・広報グループの野原です。

本日は11月12日に参加してきました、弊社主催クッキングスクールの体験レポートをお届けいたします。

 

今回のテーマは「 ~入門編~ 魚さばき教室 アジ10尾で必ず上手くなる!」

初心者の方でも2時間で必ず上達するという、基本をしっかり学べる充実した内容です。

前半は包丁の基本的な使い方のレクチャーがあり、初心者の私でもかなり分かりやすい内容になっていました。

今回の教室はプロ仕様の出刃包丁などではなく、家庭用の包丁でさばくことができるものです。

 

みなさん写真や動画を撮りながら熱心に聞いていらっしゃいます。

 

お魚自体はよーく冷やしてからの方が断然さばきやすいそうです。これにはみなさんも驚きの様子。

実際に見て、触って、学ぶことでより理解が深まりますね。

 

前半のレクチャーが終了し早速実践です!

まずは頭を落とし、内臓を取り除いていきます。

包丁を魚の真ん中あたりまで入れ、頭を押さえながら胴体を引き内臓を取り除くかなり簡単な方法です。

この方法だと、まな板もほとんど汚さずスピーディーにさばくことができます。

 

その後、下腹・上背から包丁をいれ背骨に沿って三枚に切り分けていきます。

こちらは最初の写真。最初の切り出しの部分にかなり身が残ってしまっていますね。。。

背骨に沿わせるのがなかなか難しいです。

 

何度か回数を重ねていると…

 

こんなに薄く切れるようになりました!包丁の入れ方の角度や力加減のコツを掴むことが出来ました。

ここから腹骨を落とし、中骨を取っていきます。

 

中骨は切り身を持ち上げて湾曲させ、骨の頭を少し出した状態で抜いていきます。(このやり方とっても取りやすかったです)

 

最後に皮を引いていきます。

今回は包丁ではなく、ステーキナイフを使って皮引きをしました。刃の部分を直接持つことが出来るので安全で力を入れやすかったです。

 

 

最初はなかなか力加減が難しく、皮に身がたくさん残ってしまいました。。

 

最初はボロボロです。。。

 

何尾か練習をして、、、こちらも最終的にはなんとか形にすることができました。

 
最後はお刺身にして美味しくいただきました。切り立てはやっぱり美味しいですね!

丸魚だった状態から自分でここまでさばくことができてかなりの達成感です。

 

何尾か余ったものは自宅でアジフライにしてみました。

ふわふわでとってもおいしかったです。 冷凍にしておけば1か月程保存もきくようなので便利ですね。

自宅で魚をさばいて調理するってなかなかハードルが高いですが、一度技術を身に着ければ一生ものですし、かなり充実した時間でした。

この教室に参加するまでは全くの未経験だったのですが…実際にさばきながら学ぶことで、短時間でここまで上達することができました。

これをきっかけに自宅でも挑戦してみようと思うきっかけにもなりましたね。

 

普段なかなかお料理をされない方、料理はするけど魚はちょっと…という方、

是非この機会にレパートリーを増やしませんか?みなさまのご参加お待ちしております!

次回のクッキングスクールは12月2日です。(※11月19日の回は予約終了しております)

金目鯛 魚料理の基礎編 難易度 ★☆☆
さばいて、おいしく煮付ける!

魚の煮付けを作っても、魚の臭みが残ったり、しっかり味が染み込まなかったり、おいしく作れないといった経験はありませんか?
魚の煮付けをおいしく作るには、何より魚の下ごしらえが大切!
今回は、煮付けにぴったりの金目鯛を使って、魚をさばく基本と、「おいしい」煮付けを作るコツを学びましょう!

プログラム (実習形式+デモンストレーション形式)

  • 前半その1:金目鯛3枚おろしの手本披露、さばく基本の座学
  • 前半その2:金目鯛3枚おろしの実践
  • 後半その1:金目鯛「おいしい」煮付け作りのデモンストレーション
  • 後半その2:金目鯛「おいしい」煮付けの試食

参加ご希望の方は下記サイトをご覧ください

http://sakanabacca.jp/cooking-school/

 


新着記事

カテゴリー