Foodisonでは「自分史上最高においしい」を体験することを
ひとりひとりのミッションとして活動しています。
そんな「自分史上最高においしい」を発見したfoodisonメンバーの
おいしいをお裾分けします。

大出麻紀子

『漁船で食べた「幻のアジ」』
by 大出麻紀子

大出麻紀子の自分史上最高においしい

出会いは?

静岡県で、定置網の漁船に乗せて頂いた際に、
漁師さんにさばいて頂いた「倉沢アジ」別名「幻のアジ」。

釣れたてのアジを漁師さんが漁船で捌いてくださいました。
アジは通常回遊魚ですが、倉沢沖ではサクラエビをはじめ、豊富な魚がいるため
稀に回遊しないで海底に根付いて成長するケースがあり、脂ののった型になるそう。

幻のアジにふさわしく、通常のアジとは異なり黄金色に輝いていました。

大出麻紀子の自分史上最高においしい

誰と?

静岡県市役所の皆さまと、会社のメンバーと。

どこが好きですか?

釣れたての味は忘れられません。
アジとは思えない脂ののりと、ぷりっっぷりの触感!!
鮮度の高さとはこのこと!を実感しました。ぜひまた食べたいです。

食べられる場所を教えてください。

静岡県でも、由比でしか獲れないようなので、由比近辺のお店で食べられるようです。
刺身、たたき、フライ等々何にしても美味しいとおっしゃってました!

おすすめポイントをどうぞ

静岡県の駿河湾は最も深い所で水深2,500mにも達する
内湾としては実は世界一の深さだそう。
駿河湾は魚の種類が多く、餌になるプランクトンが多いため
魚に脂がのっていてとっても美味しいとのこと。

桜エビが特に有名ですが、その他にも東京ではなかなか
食べることの出来ない「生しらす」や「倉沢アジ」はとってもオススメです!

大出麻紀子の自分史上最高においしい

大出麻紀子

大出 麻紀子

社会を変革するような“価値のあるビジネスモデル”を創り上げる事業フェーズに身を置きたいという想いが強まり、リクルートより転職。
法人営業と地域創生事業をメインに愉快な仲間たちと日々奮闘しています。


ほかのメンバーの自分史上最高においしい